「ふかく ひとやすみ。

ホッとして、ごきげんになる」

 

 

いまのあなたは、どんな感じですか?

こころは  気分がよいですか?

からだは  心地がよいですか?

 

 

呼吸は深く入るでしょうか。

内なる温かさは感じられますか。

 

 

不機嫌だった心身に気づく。

それだけでもすこやかさは、取り戻せるのです。

 

 

TREAT=もてなす、治癒する、手当する、を基に

オイル、音を使ったマッサージを通して

そのお手伝いができたら、うれしいです。

 

 

  

 


 

 

sally てのひらからすこやかさを届けるセラピスト。ライアー弾き唄い。

 

●セッションのモットーや好きなものこと

きもちよく、ふかくゆるむ。途中で眠ってもらえるくらい。」

 

 「術後の瞳が澄んで、赤ちゃんみたいに戻っていること。(それを見ることが好き)」

 

「弦楽器の奏でる音の世界、とくにシタール、ライアー好き」

 

「塩辛と梅水晶(そこに日本酒)が大好物」「長く茶道をたしなんだけど、最近の趣味はメダカ観察」

 

「アナスタシア、モモ、アミ小さな宇宙人、などバイブル」

 

 

 

 ●プロフィール 

 

長野県諏訪市の山々にかこまれ、幼少期は合唱団で歌いまくり過ごす。

中学から東京へ、環境の違いからちょっとした体の不調を抱えたことで、東洋医学や養生法や心理学哲学を独学しはじめる。

大学では茶道漬け、授業そっちのけで屋上や茶室での昼寝、聖なる祈りの道(ネイティブアメリカンやフィンランド、オーストラリアなど)へ

 

クリエイターや北欧に関わるOLを経て、フィンランドにある世界最古のハーブ園にて「ナチュラルセラピー」を施す姿に感銘をうけたことから、セラピストを志す。

 

2011年よりスウェディッシュマッサージ、リフレクソロジー、タイマッサージ、フェイシャルなどを習得。

海外からのお客様へ高級ホテル出張、老舗サロンでの千本ノックと技術指導係などを経験をへて独立。

 

 タッチケア「ハグモミ」インストラクター&東京講座講師。産褥産後の出張ケア「ハハナル」にて施術&講座講師。産後のトリートメントはファン助産院でも行っている。

 

 2019年に双子のヒーリング楽器ツインスターシードというライアーを製作し、音のハーモニクスを取り入れている。

プライベートでは2015年にうまれた女子の育児奮闘中。